NEW POST

イーネオヤの結び方 その2

さてさて、以前もこの話題を書きましたが、今日は「目の増やし方」です。

以前の説明もですが、特に今日の説明に関しては、あくまで私が自分なりに試行錯誤の中で感じた事を書きますので、完全に我流です。

参考程度にどうぞ~(2013年・10・10追記:いつも色々な方法を実験しながら試行錯誤を続けております。その為に最近少し編み方が変わってきています。参考になるかとは思いますがレッスンで教える内容とは少し異なるので、ご注意ください)

目が増えていくときの1番のポイント(個人的にはです)を挙げるとすれば、右から左に結び目を作っていき、次の段に行くときは、糸を右に渡して、まだ右から左に編み進めます。

この「渡す糸」この長さが綺麗な仕上げを左右すると思っています。
a0149643_8513167.jpg

この「渡す糸」(図ではピンクの色鉛筆でなぞってみましたが、汚い・・・ごめんなさい)の長さをコントロールするのが、糸を結ぶ時の、糸を引っ張る方向です。

ピラミッド型に目を減らすときは、常にまっすぐ上に糸を引っ張ると書きましたが、増やす場合は、両端の結び目に関しては逆に上に引っ張ると問題ではないかと思います。

順番に説明します。

Aの矢印。1番右にくる結び目は花びらも外側のラインと同じ位の角度で引っ張るといい気がします。

後は、以前のピラミッド型と同じく真上に引っ張ります。ただし、最後の左端の結び目だけは図の矢印Bと矢印Cの間の角度で引っ張ると丁度いい気がします。

この矢印Bと矢印Cの角度の違いが、最終的には渡す糸の長さの違いになるのですが、何故この角度の違いが必要なのか?

簡単に言うと、結び目の数の違いです。2段目以降は下の段の目に編み付けるわけですが、その時に渡した糸も一緒に結びます。一緒に編み込まれたことで、この渡した糸が微妙に右に引っ張られるのです。

細い糸ですし、小さな花びらです。1つの結び目が大きな誤差を生むとは思えないかもしれませんが、図で見ても分かるように、1段目と2段目では結び目の数が1つ増えています。

段数が増えるほど、結び目が増え、渡した糸が右に引っ張られる長さも微妙ですが増えていくのです。渡した長さが足りない事で、編みあがった花びらの左側のラインが内側にカーブしてしまった経験はありませんか?

直線ではなくて内側にカーブしてしまった時点で、渡した糸の長さが足りなかったと言う事になります。逆に多すぎると渡した糸が余ってしまい、これも綺麗な仕上がりにつながりません。

矢印Bの角度は、一応花びらのラインに沿って(そのつもり)います。これは1~2目くらいまで、それよりも目数が増えていくほど矢印Cの方向に糸を引っ張る角度を大きくしていきます。

角度を大きくした分だけ、渡した糸の長さが微妙に長くなっていきます。デザインや目数によっては矢印Cよりもさら角度を大きくするときもあります。

感覚的な事なので図解説明でも言葉の説明でも、なかなか難しいのですが。。。

結ぶ事に慣れ始めた頃にでも、今日の指摘を気にして結んでみて下さい。

あと、慣れていない頃は特に、最初の1段目の目の大きさを揃える事を心掛けるのも良いかもしれません。

編みながらの修正が出来ませんから、特に集中して最初の目を揃える☆これを心掛けると、それ以降の目を揃えるのは何とかなるような気がします。

最後にお知らせです

明日は時間が無く、ブログお休みします。よろしくお願いします~。
[PR]
Commented by tsugumi at 2010-06-17 12:50 x
こんにちは。
私は、まだ結び目の稽古段階ですが、このようなことを丁寧に教えていただけるととてもありがたいです。
本では、「コツ」というものをなかなか知る事ができないので、
dantel-mikaさんの「コツ」記事。完全保存版にしたいです。

ボンジュクのネックレス、涼しそうできれいですね。
糸の動きがどうなっているんだろう~と思いながら拝見しています。

~作品を作る上でその文化・それを創り上げてきた人々に対する敬意を忘れたく無い~
という思い、素晴らしいですね。こういう思いを持たれながら製作された作品。私も含め皆が惹かれる一因なんだと思います。

お忙しそうですが、お身体無理されないように。
Commented by dantel-mika at 2010-06-17 13:54
tsugumi様
参考になれば嬉しいです♪

ただ、やはり手はその人間によって動かされていますから、その人なりのやり方と言うのは、人によって合う・合わないがあるような気がします。

合わないからと言って、それがダメなのではなく お互いの手の相性がイマイチだった と言う事なのだと思うのですが。

万能のコツではありませんが、何かのヒントになれれば、記事にした意味があるのではないでしょうか?

文化って深いですし、時に嫌になるほど難しかったり、逆に意外なほどシンプルだったり。。。多面的な要素が多い気がします。

外からオヤの作品を作る人間として、内からには無い角度から切り込めれば面白いとは思っていますが、残念ながら天才ではないようで(苦笑)苦労しております☆

お陰さまで、元気に暮らしております(笑) いつも温かいコメントありがとうございます。tsugumi様もくれぐれもご自愛ください。
Commented by keiko at 2010-06-19 07:23 x
なるほど☆
と言いつつ実際作ったことないので、実際作ってみると全然わかってなかったりするんでしょうけど^^;

↓ネックレスステキですね〜すごいキレイ^^*
こんなの似合う人って絶対ステキですよね〜
mikaさん絶対ステキな方だわ〜☆
Commented by dantel-mika at 2010-06-19 13:19
keiko様
いつか役に立つ事を願ってます~(笑)

お褒め頂きありがとうございます。ただですね・・・・ネックレスが素敵だからって、私が素敵とは限りません☆

あんまりイメージ膨らませ過ぎると、私を見たときガッカリしてしまうかもしれませんよう~(苦笑)
ほどほどでお願いします(*^。^*)
Commented by みーちゃん at 2010-10-15 11:06 x
(∩´∀`)∩オォ♪ー同じお考えの方がいた!良かった。
自分もこのやり方に最近気が付いたんです~。

初めましてm(__)m
私も独学で初めて2年と少し、初めの頃よりは幾分マシな物が編めるようになった気でおりました。
しかし、dantel-mika様のお作を拝見して、その精度の高さ、モチーフのレパートリーの多さに衝撃を受けました。

なんと言っても編み目の美しさ!自分、まだまだだと反省し、少しでも追い付ければと特訓中です。

これからも、お作を拝見するのを楽しみにしておりますね(o^―^o)
Commented by dantel-mika at 2010-10-15 15:40
みーちゃん様
はじめまして。コメントありがとうございます。

オヤお上手ですね☆先日完成されたダンテルもとても素敵でした♪ 

私もまだまだ修行途中でした。お互い頑張りましょう!

これからもコメントなど気にせずに、遊びに来てください。
by dantel-mika | 2010-06-17 09:41 | オヤ | Comments(6)

2018年5月からスタートする仙台・東京定期クラスは4月15日~募集を開始します。ご興味のある方はメールにてお問い合わせ、もしくはお申込み専用窓口をご覧ください。


by dantel-mika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30