NEW POST

棚から・・・。

そんな気分です(苦笑)

以前から私のブログを読んでいる方はお気付きかと思いますが、こんなに細かい仕事をしていても私は意外とズボラでテキトウ人間・・・。そしてオッチョコチョイ・・・(汗)

お陰で色々と失敗もしますが、その失敗から意外な発見も多く嬉しいのか嬉しくないのか微妙な心境です。。。。

2年ほど前の話ですが、本当は四角のモチーフを編もうと思っていたのに、編み始めて気が付いたときには三角形だったと言うお粗末な失敗(苦笑)

完成まで辿り着けなかった試作品が入った箱の中から、先日発見して取り合えず同じ目数で2年ぶりに編んでみました。
a0149643_1333480.jpg

アイロンで無理やり平らにしましたが、やはり記憶通りに目数に難あり(四角と三角では外周が異なりますから)ですが、多少の調整で綺麗な三角形になると判明♪

これは使えるのでは?結構可愛いデザインです。つなげて編めば色々とアレンジ可能な気がします。

こんな実験がたまらなく楽しいと思える私は、間違いなくオヤ中毒なんでしょうね。。。。あ~なんて危険な世界(笑)

ところで、先日紹介したイーネダンテルに使用した糸は何か?との質問を頂いていました。今日のモチーフも同じ糸を使っています。

HOBBYRA HOBBYRE から発売されている CROCHET COTTON です。40番前後の太さではないでしょうか。素材は綿です。

個人的な好みですが、イーネダンテルにオヤ用の糸を使うことはあまり好まない気がします。少し光り過ぎる感じがして。。。もう一つは、あまり細すぎる糸をダンテルに使用するのも好みません。ある程度の存在感がある糸を使うことが私は多いです。

日本でオヤ用の糸はなかなか手に入らなくても、一般的なレース用の糸であればその品揃えは抜群の日本♪実験材料には事欠きません(笑)

色々と試しましたが、基本的に結べればどんな糸でも良いとは思います。私の好みを言えば、あまり固い感じの糸は好きではなく、柔らかめを使うことが多い気がします。

ただしイーネダンテルの場合は鉤針編みと違って、糸をある程度の長さで切って、それを針に通して編んでいきますので、編み進めるうちに糸がこすれて毛羽立ってくる事があります。

糸が柔らかい場合、種類によっては毛羽たちが激しくそれと共に糸の強度が弱り切れてしまったり、切れなくても毛羽立ちが仕上がりの美しさを損なう可能性が出てきますので、やはりイーネに合う糸と合わない糸はあるのではないでしょうか。

もちろん時にはオヤ糸でダンテルを編む事もあります。大抵の場合は縁に編み付けるタイプのダンテルです。モチーフなど単体に仕上げるデザインは今日のような糸を選ぶ確率が高いです。

自分がどの様にそのデザインを仕上げたいかによって、素材を選ぶ事が1番失敗しない選び方と思います。
[PR]
by dantel-mika | 2010-09-18 14:06 | イーネダンテル | Comments(0)

2018年5月からスタートする仙台・東京定期クラスは4月15日~募集を開始します。ご興味のある方はメールにてお問い合わせ、もしくはお申込み専用窓口をご覧ください。


by dantel-mika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30