NEW POST

ショップのオープンと大阪展示会のお話~


大分、アップの間が空いてしまいましたね。。。。

先に大阪での特別講師のご案内をしてから、ショップのオープンと展示会レッスンに関してのご連絡です~♬

本当なら、もっと早い段階でのご紹介を予定しておりましたが、ギリギリとなってしまいました。。。。既にご存知の方も多いと思いますが、今回の大阪レッスンでは私以外にもう一人オヤ作家のピラリンさんが講師として参加されます♪

ピラリンさんと出会ってから何年かしら? 毎回お会いする度に刺激を頂くお一人です。

どちらかと言うと、私はイーネ・オヤでは大きな作品は作りません。出来るだけ最大目数を抑えて小さな作品だけどリアルを目指して製作を行いますが、彼女はその逆です。

実物大??と言うくらい大きい作品を編まれます。彼女が意図して大きい作品を作っているかは定かではありませんが(笑)この大きさって重要な意味を持つんです。同じ「イーネオヤを作る」と言っても、似て非なる物。目数が大きくなると、別の意味での糸をコントロールする技術が求められる気がしています。

私が大きな作品と作るとすれば、レッスンでアドバイス出来るように。。程度の習作しか作って来ませんでした。これはね~本当に違うの!増やし目が作品に与える意味も異なってきて、全然違う!

彼女はその辺の経験値が、私とはけた違いです。増やし目の考え方もかなり異なると思います。だからあれだけの大きな作品で、あれだけの曲線を作れるわけです。着眼点の異なる課題に取り組むって、本当に勉強になると思います。出来れば私も席に座って参加したい。。。。のですが?! ダメ??みたいな心境です(笑)

あれだけ横幅のある物を編むと言う事は、渡し糸や大きな編地全体に対してのコントロールも素晴らしいと言う事で。小さなひし形でも、皆さん結構苦労されますよね?私は彼女の、あの技術にノックアウトなわけです★

毎回作品を見せて頂くだけでも、本当に勉強になるし、毎回チョット悔しくなって(笑)また私も私らしい作品を作れるように頑張ろ~というモチベーションになっています。

今回のレッスン課題を初めて見せて頂いた時、チョット鳥肌でした。だって私には作れない世界だもの~! 彼女は定期的にレッスンを開催している方ではありませんので、今回の機会に是非チャレンジしてみて下さい。本当にお勧めします。

皆さん可愛いお花のデザインを求められる方が多いですが(それがイーネオヤの醍醐味ですから当然ですが)花には「葉」が付き物で。この葉のバリーションって花ほど無いですから、かなり面白いと思いますよ♪

  ※ピラリン講師のレッスン詳細及びお申込み先はこちら ⇒ 

少し話がずれますが、毎回色々な方々から試行錯誤したオリジナルの作品を見せて頂くたびに思う事があります。

例えば、日本人にとっての目新しい文化であるオヤを一過性のブームで終わらせたくないと願うなら、それは続けなくてはいけない。続けるって「つなげる」ことだと思っているから、大袈裟に言えば次の世代にオヤつなげれなければ、ただのブームだよね。。。と言う事だと思うのです。

本音を言えば、日本人が日本で作るオヤってなんだ??それをオヤと呼べるのか???と悩んだりもします。スタートはトルコの伝統レース。そこから私にしか作れない物を作り出すって許されるの??みたいな葛藤は必ずあります。

でも良く考えると、もう既に日本人に生まれてしまったから、これ以上この事を考えても仕方がないのね。。。。私にとって「オヤ」はどこまでも外国の文化であることは変えられないから。その外国の文化を日本で教え・作り続けたいとするなら、やはりその作品に日本のエッセンスが入り込むのは、自然なんだろうと。。。。

もし本当に一過性の物で終わらせたくないとするなら、作り手が私だけではダメで他数名だけでも無理だと思うのです。私が知らない色々な場所で色々なオヤの作品が生まれて、それが積み重なって、また生まれる。それが出来て初めて本当の意味で、この社会の中に残れるのだと感じるんです。

同じオヤでも作り手が違えばアプローチの仕方が違い、色の異なる多種多様な作品が出てくる。だからカラフルで豊かな世界になりえる。その豊かさこそが文化なのかなと思うのです。

私や今回参加されるピラリンさんだけでなく、もっと沢山の作り手さんが作り出すカラフルなオヤの世界が少しでも広がっていってくれると良いな~★★と思うと同時に、私も「これは悔しいな。。。私も頑張ろう~」と誰かに思ってもらえる色を、1つでも作り出せる人でありたい★と、これを考え始めると背筋がシャキッとします(笑)

今回の展示会レッスンで、また1つ新しい色が増えて♬ どこかで1つ・また1つ。。。そんな感じでカラフルになっていけたら素敵だな~と思っています。

本当に今回の様なレッスンは、なかなか無い機会です。是非、新しい色にチャレンジしてみてください★★

******************************

さて話しがガラリと変わりますが、ご連絡が1つ。

今月のショップwith OYAのオープンですが、新作キットを並べるのは流石に諦めました。レシピも糸も準備は終わっていましたが、やはり今週からの大阪レッスンを考えると無理はしないこととしました。

ただお問い合わせがあったので、過去キットの販売のみ9日まで行います。また今回の展示会のためにリフ糸を巻いてて、半端の糸が大量に出ております。

これ毎回出るんです。。。なぜならラベルには100グラムと書かれているリフ糸ですが、本当に100グラムある糸はほとんどありません(汗)大体97~95グラムぐらいなんですね。お陰で15グラムで巻いても、20グラムで巻いても必ず半端が出ます。
a0149643_15005169.jpg
そこでオープンのタイミングが合った事もあり、この半端のリフ糸(25色・1巻15グラム前後)とリフ糸の色見本(35色)セットを1セットだけ並べておきましたので、興味のある方は試してみてください★

メーカーは4メーカーで、ラベルも色見本に貼ってあります。色番は全て手書きです。ついでに色見本だけ1つ多く作りましたので、見本のみも1つですが販売しております。

今回ので気が付きましたが、何故かリフ糸だけは色見本作った事が無かったのです!!以前の仕入れ分も作っておけば、相当な数の色見本になったと思うのですが、リフ糸はオヤ糸以上に同じ色を仕入れにくい事もあり、作らなかったんですね。。。なので、今回の見本は、最近仕入れた分と過去の仕入れ分の中でハッキリとメーカーと色番が分かる物を貼ってあります。
a0149643_15004570.jpg
メーカー違いで似ている色もあるし、1色ですが(色が良かったので貼りました)メーカーしか分からず色番不明もあります。ご了承ください★★


次回は~未定です・・・・頑張ります~(汗)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキング



[PR]
by dantel-mika | 2015-07-07 15:19 | 東京・大阪レッスン | Comments(0)

2018年5月からスタートする仙台・東京定期クラスは4月15日~募集を開始します。ご興味のある方はメールにてお問い合わせ、もしくはお申込み専用窓口をご覧ください。


by dantel-mika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31