NEW POST

リフ編み最上級クラスの課題です

余りの寒さに、痺れ再発・・・。安静にを呟きながら絶賛ッ出張準備中でした。今日も助っ人さんの下書き作戦で。。。。。

リフ編みのお話が続いておりますが、連絡を優先するとこの順番になってしまいます。ご容赦を。

さて本題ですが、リフ編み最上級クラスの課題です。仙台と大阪が今月開催のレッスンで、東京は12月に先に受けられる方以外は、来年1月の課題となります。

色々と作品候補はありましたが、久しぶりに?色替えの応用です。以前に初級クラスであった色替えの応用は、トルコのリフを基本とした物でしたが、今回のは更に発展形です。

1つは色替えでデザインを出す方法ですが、今回紹介する方法が使えるデザインと使えないデザインの見分け方と、糸始末をいかに減らすかと言う事にポイントを置いた課題となります。これだと編地や色替えのデザイン面がどんなに大きくても、糸始末が最初に色替えしたポイントの糸端と最後に色替えしたポイントの糸端のみです。

お休みさせている糸を一切切らずに段を上がっていきます。毎段糸始末するのって大変よね。。。

既に基本の色替え、増やし目減らし目を説明なく編める上級者さん対称のクラスです。

もう1つのテクニックが、最近見る可愛い系の糸?!をリフ編みに編み込んで模様とする方法です。
a0149643_13120584.jpg
編み物好きの方なら見た事あると思いますが、このポンポンが付いた糸かなり可愛いな~と以前から思っておりまして、リフ編みに使えない?と実験しておりました。

挟んで編むだけなら、そのままですから誰でも出来ると思いますが、問題だったのは私の手加減と生徒さん達の手加減には結構な差があると言う事でした。私の基本の1玉に比べて1.5倍くらいの方から0.8倍程度の方まで編み上がりのサイズに違いがあります。この編み上げる玉のサイズが異なるとポンポンとポンポンの間の糸の使用量が変わって、同じ編み図では作れないと言う問題です。

またポンポンの出る間隔を狭くしたいと思った時も同じように問題があります。間の糸がダラ~と表に出てしまいポンポンが。。。。。。と言う状況になります。

そこで考えたのが編みながら裏側で、間の糸を調整しながら編む今回の課題の方法です。これを使うと好きな間隔でポンポンを出せるんです。しかも、この方法だと挟むだけよりもさらにポンポンをしっかりと固定出来て安定の仕上がりです。

編み方自体はそれほど難しくはありません。覚えるとバックとかに応用出来て、可愛い応用作品が作れるのでは?!と思い採用しました。
a0149643_13115833.jpg
因みに写真のサンプルは、まだ紐を通しておりませんがペットボトルのカバーです。フワッフワのポンポンが気持ち良い感触です♪ レッスンでは糸替えと、この編み方を覚えて頂く内容で、作品1つを作る物ではありません。ご了承ください。

ちなみに今回のサンプルの糸は、100均で見付けました。恐るべし100均ッ。これなら生徒さん達も簡単に買い足せて、大きな作品にアレンジ出来そうですよね。頑張ってください★

今月もよろしくお願い致します。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキング



[PR]
by dantel-mika | 2015-12-02 13:35 | リフ編みの作品 | Comments(0)

2018年5月からスタートする仙台・東京定期クラスは4月15日~募集を開始します。ご興味のある方はメールにてお問い合わせ、もしくはお申込み専用窓口をご覧ください。


by dantel-mika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31