NEW POST

テグス

ビーズアクセサリーを作る時などに使われる「テグス」

オヤの場合 立体イーネを編むときに使います。
a0149643_9233029.jpg

花びらの外回り最後の1周をテグスを編み込みながら仕上げていきます。

基本的には「テグス」を使うのには形状維持、補強の意味があります。

この「テグス」の太さ

実際トルコで使われているものよりも、私が使っているのは細い気がします。

実物を見たことがないので・・・。ただトルコで作られたモチーフを購入した際にテグスが編み込まれているものがあり、それと自分が使っているテグスを比較すると、私の方が細いかな?と感じています。
a0149643_9333063.jpg
私は使う糸の種類によってテグスの太さを変えています。

メーカーにもよりますが、大体ナイロンは固めに仕上がる傾向があるので そのような糸の場合は1.5号のテグスを。

これもメーカーによりますが、ポリエステルの場合柔らかく仕上がる傾向があるので そのような糸の場合は2号のテグスを使っています。

微妙ですが、元々イーネオヤ自体が大変繊細で細かいものなので、以外に違いが現れる気がします。

太すぎるテグスを使うと、何だかお花よりもテグスの方が目立ってしまう気がして、私はあまり好まないのです。

テグスの色を変えたりして、それ自体をデザインに組み込むのであれば別ですが。。。

たまに、本当に頑丈に作りたいときがあるので、その場合は3号を使います。いつもと糸を結んだ時の感触が違うので、毎回一人でビックリしています(苦笑)
[PR]
by dantel-mika | 2010-02-05 09:45 | 道具 | Comments(0)

2018年5月からスタートする仙台・東京定期クラスは4月15日~募集を開始します。ご興味のある方はメールにてお問い合わせ、もしくはお申込み専用窓口をご覧ください。


by dantel-mika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30